中絶手術によって負った傷

愛されてるのに愛情が冷めた

愛されてるのに愛情が冷めた妊娠したら彼氏の態度が変わった罪悪感が消えることはない

私が20歳の時キャバクラで働いていたのですが、そこで可愛がってくれた1つ上の男性と恋に落ち付き合うことになりました。
お客さんと付き合うというのはあまりイメージが良くなかったので周りの人には言えなかったのですが、こっそり付き合っている感じが逆にスリルがあって楽しかったのも事実です。
彼が見つけた夜景の綺麗な場所で告白され、その雰囲気にのまれたこともありOKした私たちはお店のスタッフとお客さんという関係から恋人同士という関係に変わりました。
それからの日々は楽しくて仕方がありませんでした。
彼は私のことをお姫様のように扱ってくれ、会いたいというときには1時間半も車を走らせて会いに来てくれましたし、朝起きるとご飯にフレンチトーストを焼いてくれたこともありました。
今まで男性に尽くすような付き合い方しかしてこなかった私にとってはまるで夢の様で、愛されているという実感を得ることができて嬉しかったです。
しかしそんな日々はあまり長くは続きませんでした。
まだ付き合って1ヶ月ほどしか経っていなかったのですが、彼の愛を重く感じるようになってしまったのです。
それからというもの、彼が尽くしてくれればくれるほど私の気持ちが離れていくのを感じ、私自身付き合っていくことに限界を感じ始めていました。
そんなある日彼とセックスをし避妊としてコンドームをつけていたのですが、挿入後に破れていたことに気付いたのです。