発電した電力をため込む蓄電池

太陽光発電を比較していくとしましたら、蓄電池があるかないかの比較をしていくことが必要です。
蓄電池とは、発電した電力をため込むことができる存在になっています。
一般的な太陽光発電にはその機能は搭載されていませんので、もしも興味があるのでしたらオプション的なものとしてとりつけていく必要があります。
ではまず太陽光発電システムに蓄電池がない場合なのですが、普段の生活では全く影響はありません。
主に電力を電力会社から購入していけばいいのです。
そして発電した電力を、電力会社に売電していけばいいのです。
そういったシステムになっていますので、特に生活上、蓄電池がないことで困ることはありません。
一方で、蓄電池があるとどのようになるのかと申しますと、やはり普段の生活では上記したように全く問題はありません。
ありましても特に活躍する舞台はないのです。
電力は電力会社から購入すればいいので、蓄電池もそのままです。
一方で活躍し出す時があります。
それは電力の供給がストップした時です。
停電などが長時間おきたりしますと、かなり生活としては不便な事になります。
ただし、太陽光発電は昼間であれば、運転モードを切り替えることにより発電した電力を使用できるようになります。
電力会社から供給をされなくても、家の電力を昼間は賄えるのです。
そこで問題は夜です。
夜は太陽光発電はできません。
そこで出番になるのが、蓄電池というものです。
蓄電池がありますと、太陽光発電が昼間に発電した電力などをためておくことができます。
そしてそれが発電ができなくなった夜などに使用していく方向で使っていけるのです。
ですので、太陽光発電と蓄電池があれば、1日中の停電が起こってしまったような場合でも対応がしていけるというわけです。
太陽光発電の蓄電池の有無の比較という場合には、停電中の夜ということを想定して物事を考えていく必要があります。
地震などでは長期の停電が起きるケースもあります。
その状態を回避するためにも蓄電池を用意しておくメリットは大きいです。