エネルギーの自給率を高めるための補助金制度

日本は資源のない国です。
エネルギーの自給率を上げるために促進されてきた原子力発電は、2011年の事故以来再考を余儀なくされています。
では、どのような手段でエネルギーの自給率を上げればよいのかとなった時、最有力候補となっているのが太陽光発電でしょう。
その太陽光発電を普及することで、エネルギーの自給率を高めバランスの取れたエネルギー供給ができるのが理想です。
そのために太陽光での発電の普及を促進しようということで、太陽電池モジュールを屋根に設置する一般家庭向けに補助制度が用意されています。
対象となるシステムを購入し、電力需給契約を行う個人なら申請をすれば補助金をもらうことができます。
せっかく太陽光発電システムをマイホームに設置するのなら、この補助制度を利用しないというのはもったいないことです。
申請のための書類を揃えるのはかなり面倒ですが、施工業者は販売業者が代わりに申請してくれるところもあります。
もし、わからないことがあれば業者に尋ねてみてください。